子宮癌の闘病記

闘病記 〜子宮癌〜 case1

■お名前 
仮名  S・H

■現在の年齢
52歳

■闘病中の年齢
43歳

■癌の部位
子宮癌

■初回or再発
初回

■告知されたときの症状や体調
ある日、突然に出血しました。元々生理不順でしたので、そこまでは気にしませんでしたがその後、おりものが多くなり、腹痛や腰の痛みが出てきました。もしや?と思い、検査しましたら子宮癌と判断されました。

■手術の有無

■抗がん剤の有無

■病院治療内容
手術を行いました、全摘手術でした。しかし、卵巣と卵管の摘出は行わないで済みましたので予防の為、抗がん剤治療も行いました。しかし、副作用に耐え切れず、ストップ致しました。

■抗がん剤の副作用
色々な副作用があるようですが、私の場合は、便秘、脱毛、食欲不振、めまいでした。

■代替え治療は行いましたか?(健康食品や漢方、食事療法等)
免疫系の健康食品

■その他気をつけた事は有りますか?
とにかく明るくしていました。くよくよしていてもしょうがないですから。

■主治医以外の医療機関に相談されましたか?
父です。父は薬剤師で、小さいながらも薬局を経営してました。

■あなた様の闘病記
私の闘病記。子宮癌と告知されて、心底落ち込みました。さらに、全摘手術、女性なら判ると思いますが乳房切除や子宮切除は一人の女性としてなんとも言えない状況ですよね。手術後の抗がん剤治療。転移の可能性があるということで、抗がん剤を行いましたが3クール目で断念。このころは、ある程度明るくなっていた私ですが副作用には勝てませんでした。めまい、便秘、終いには脱毛と専用帽子をかぶっての買い物・・・、最初は周りの目も気になりましたが、少しつづ慣れてきました。でも帽子を取って出歩くまではさすがに出来ませんでしたね。抗がん剤をやめることを父親に相談。漢方も取り扱っていましたが、有機性ヨードと言う健康食品を父からもらって服用をはじめました。服用後、2ヶ月ぐらいで、体調の変化が!まずは、食欲が戻ってきました。とても嬉しかったですね。大好きなショッピングも恥ずかしくて行けませんでしたから楽しみは食事だけ。この時以上に、食事が美味しいと思ったことはありません。そして、便秘の解消。その後は、免疫力が上がったのか、自ら行動したいと思えるようにもなりました。ほんと、気持ちって大事ですよね。そこからは、毎日、ヨードを飲み続けまして、結果は腫瘍マーカーも正常値へ!!ほんと、嬉しかったです。今でも少量を予防で飲んでますが子宮癌になる前よりも元気になった感じがします。

■今、闘病中の方へのアドバイス等
読んで頂きありがとうございます。おそらく、闘病記を見ていると言う事は、貴女様も大変な状況なのでしょうね。それでも諦めないで下さい。がんばって下さい。自分を信じて下さい。私は、出来る限り明るく生きようと思いまして、空元気でも明るく接しましたよ。この闘病記にも書いてありましたが、道は必ずあるはずです!!

■佐藤祐二から一言
S・H様 この度は、闘病記の投稿ありがとうございます。また、力強いアドバイス、とても感謝しております。お父様のお力添えもあり、克服したことを嬉しく思います。これからは、大好きなショッピングにもたくさん出かけてくださいね。

闘病記 〜子宮癌〜 case2


■お名前 
仮名  T・O

■現在の年齢
48歳

■闘病中の年齢
40歳

■癌の部位
子宮癌

■初回or再発
初回

■告知されたときの症状や体調
まだ、仕事盛りで40代に入ったばかりの時でした。もともと生理不順でしたし、気にとめてませんでしたが、オリモノの量が多くなって来たように感じられました。年齢が40になったからだと勝手に思い込んでいました。会社の健診で再検査の通知。様々調べた結果、子宮癌と医師に言われました。

■手術の有無

■抗がん剤の有無

■病院治療内容
手術と放射線治療と化学療法の併用

■抗がん剤の副作用
これと言った副作用はなかったような気がします。私の場合、結婚もしないで仕事ばかりでしたので仕事が出来ないのがストレスだったかもしれません。

■代替え治療は行いましたか?(健康食品や漢方、食事療法等)
健康食品と漢方薬です。

■その他気をつけた事は有りますか?
とにかく早く完治させたい一心で、出来ることは全部行いました。

■主治医以外の医療機関に相談されましたか?
主治医、セカンドピニオン、がんセンターの無料相談窓口、健康食品会社、ここの闘病記の方に聞きました。

■あなた様の闘病記
私の性格上、何でも試してから判断します。今回もそうでしたが、手術そして抗がん剤治療等でしたが、何処を切って何処に放射線をして抗がん剤でどこに作用し副作用があるかを主治医が嫌がっていても、その場で全部聞きました。勿論メモもしましたよ。主治医は嫌がってましたが・・・。そうじゃないと、不安ですし何かあったら自分のせいですしね。治療は無事済みましたが、副作用の影響なのでしょうかね。チクチクと言うかなんというか?モヤモヤな感じがあったり、子宮がチクチクするような感じがあったりと、副作用なのかそうではないのか分かりませんでしたが、不安もありましたので健康食品と漢方を飲み初めました。まずは、薬局で漢方の事を色々聞きまして自分の納得いくような漢方を調合して頂き1日2回の服用、そして抗がん作用や免疫療法の健康食品会社へ問合せの電話。結果的に有機性ヨードを服用、こちらは朝昼晩就寝前と4回服用。その後この闘病記を見つけて、管理者の佐藤さんへ問合せのメール、何度も質問したのに丁寧に御返信頂いてとても感謝しております。そんな事をしているうちに体力も回復してきまして、今は仕事に復帰し、念願の取締役までなることができました。本当に、私を支え応援してくれた皆様ありがとうございます。

■今、闘病中の方へのアドバイス等
今は、インターネット社会です。様々な情報が流れていて、変な情報もあります。私は、何をするにも必ず調べます。良いのか悪いのか?そして出来る限り電話をして直接話を聞きます。その中でも真剣に考えてくれた方は、ここの管理者の佐藤氏だと思います。私の住所をお伝えしたら、ここの病院がお勧めと教えてくださったり、漢方店も佐藤氏から教えてもらった店です。口コミかもしれませんが、佐藤氏の所には様々な情報があると思います。あなたも是非、質問して確認してください。そしたら、後はあなたが決めて実行するだけです。それでは、必ず治してください。治るはずです!!

■佐藤祐二から一言
T・O様お久しぶりです。そして投稿ありがとうございます。お元気そうで何よりです。当時は、なかなか御返信が出来なく、ご指導いただいたことを覚えております。それでも、T・O様の熱意や治りたいと思う気持ちを感じた事を今でも覚えております。病は気から、まさにその通りで、治ると思えば細胞も活性化しやすくなるのです。そして、あとは自分に合った治療を行うだけです。これからも、お仕事頑張ってください。

闘病記 〜子宮癌〜 case3


■お名前 
仮名  佐藤 尚美

■現在の年齢
38歳

■闘病中の年齢
35歳

■癌の部位
子宮癌

■初回or再発
初回

■告知されたときの症状や体調
私の場合、ほとんど自覚症状がありませんでした。気付いた時には肺癌が発覚し、子宮癌からの転移と言われました。

■手術の有無

■抗がん剤の有無

■病院治療内容
子宮癌は末期状態で手術が不可能でしたので放射線治療と、抗がん剤を行いました。肺の方は体力がなく、子宮癌と同じ抗がん剤で対応しました。

■抗がん剤の副作用
抗がん剤の副作用ですが、最初の抗がん剤は副作用もなかったのですが、効かないと言う事で3種類の抗がん剤に変えて行いました。

■代替え治療は行いましたか?(健康食品や漢方、食事療法等)
医師の治療途中から、健康食品を服用するようになりました。

■その他気をつけた事は有りますか?
生きると言う事は素晴らしいことだと最近思うようになってます。私は、恐らく助からないでしょう。ですので、今生きている事を少しでも精一杯生きています。

■主治医以外の医療機関に相談されましたか?
主治医と家族です。

■あなた様の闘病記
佐藤尚美と言います。(本名です)
今回、こちらの闘病記に投稿したのは少しでも私が生きていた証を残したいと思い投稿しました。ブログに掲載しようとも思いましたが、埋もれてしまいそうでしたのでこちらの子宮癌の場所にさせて頂いております。現在38歳で、35歳の時に子宮癌と肺癌が見つかりました。手術は出来ない為、抗がん剤と放射線治療を行っております。抗がん剤の副作用で、当初髪の毛は抜け落ちました。そして、嘔吐や手足のしびれが激しく、顔色も悪くなってきております。今は、病院から退院しまして、3カ月になります。余命1か月と言われてから3カ月が過ぎましたが嘔吐は無くなり、手足のしびれが少し残っています。医師からは延命治療しかないと言われていますが、家族や元婚約者とも話し、化学療法を諦めまして健康食品を飲んでいます。医師から勧められた有機性ヨードを飲んでいますが最初から飲んでおけば良かったと最近思っています。そして、webで調べまして、ここまでたどり着きました。体力的には、特に回復はしていませんが、少しだけ体調が良い感じがします??販売先の製薬会社にも元婚約者のA氏から電話をしてもらいましてヨードの作用を確認し、これを飲んで延命した方々が沢山いると聞きました。良い話を聞いたので、気分も良くなったのかもしれません。闘病記なのに、闘病の話がないですね。まず、自覚症状はありませんでした。 しかし肺が苦しくて病院で検査をしましたら、肺癌、そして色々検査をしましたら子宮癌でした。 もう少し早めに検査を受けていればと後悔しきれません。ですので、最低でも年に1回の検査を行ってください。

■今、闘病中の方へのアドバイス等
闘病中の方へ。私に出来るアドバイスは、あまりありませんが、大切な方との時間を大切に過ごしてください。そして、必ず完治させて下さいね。家族へ・・・お父さん、お母さん、そしてお兄ちゃん小さい頃から迷惑ばかりかけてごめんなさい。そして、結婚もせずごめんなさい。Aさんと話し合って決めた事ですから、責めないでね。今は、体調がいいので大丈夫ですが、いつどうなるか分からない状態です。本当にこの家族に生まれてきて幸せでした。ありがとう。
Aちゃん本当にごめんね。これからの事、いっぱい話したのにこんな結果になっちゃった。今、隣で寝ている横顔、忘れません。私が逝ったら他のいい人見つけてください。この5年間、喧嘩もいっぱいしたけど楽しかったよ。そして誰よりも幸せでした。本当にありがとう。

■佐藤祐二から一言
佐藤様 とてもお辛い状況の中、ご投稿頂き感謝しております。最後のご家族へのご伝言、胸に響きました。私も一度は諦めかけましたが、今はピンピンしております。諦めないでください!必ず道は見つかるはずです。後でアドバイスのメールをお送りいたしますので絶対に諦めないで下さいね。

子宮癌の闘病記 きっと貴方のお役に立てます。諦めないで下さい。

2003年5月5日私は最愛の妻と役所へ婚姻届を出しに行き晴れて夫婦となる事が出来ました。
新婚生活も3年目に入り、2006年5月頃から食欲不振気味で真夏の8月頃には胃が痛くなってきたのです。
元々食欲旺盛の私でしたので、夏バテから食欲不振かと思い病院で診察、レントゲンなどを行い、胃癌と宣告されました。
主治医や看護師の方は今後の入院手続きなど私に環離れていましたがまったく耳に入らず私の脳裏には両親、友達そして妻の顔が浮かんでいました。
病院からの帰り道、妻からの電話、私は電話を取ることが出来ませんでした。
自宅に着くなり、お風呂場へ直行・・・・シャワーを浴びながら私は泣いていました。
その日の夕食時に、私は妻へ胃癌と言われたことを報告・・・・
妻の眼には溢れそうな涙が溜まっていたのを思い出します。
その後、手術が出来ない事を知り、入退院を繰り返しながら、抗がん剤治療を行いました。
抗がん剤も「TS1、タキソール」などの投薬をしましたが、あまり改善されず若かった私の体力も徐々に減り髪の毛もほとんど無い様な状態でした。
そんなとき、妻が「祐ちゃんを私が助けてみせる!」
この妻が言った言葉は今でもそしてこれからも忘れません。
私達は、癌に関する事を色と調べ上げました。
疑わしいものもありましたが、まずは信じてみる。そして試してみる。
個人クリニックのオゾン療法も行いました。
しかし何度も受けれるような金額ではなく、途中で断念。
その後、漢方やアガリスク、フコイダンなどを試しも劇的効果がないままでしたが妻が購入してきた、有機性ヨードと言うものを服用すると、体内から湧き出るようなエネルギーを感じることが出来ました。
ほかの漢方等では体感できなかった感覚です。
この時点でも抗がん剤を行っていましたが、有機性ヨードで治療を決断抗がん剤も中止していましたので、みるみる体力が回復してきました。
自宅治療を始めてから半年後、癌細胞の縮小が確認。
その3ヶ月後楽しみにしていた検査結果は癌細胞が消えていました。
こんなに喜んだ事は、2年ぶりのように思えます。

晴れて私、佐藤祐二は癌克服する事が出来たのです!

ですので、諦めないでください! 必ず道はあるはずです!

子宮癌闘病中の方々からご連絡頂きました。

病名子宮癌住所北海道

来週退院いたします。
これから再発しないように頑張りますね。

病名子宮癌住所京都府

まだまだ、油断できない状況ですが、早く退院して活動的な日々を送りたいです。

病名子宮癌住所神奈川県

佐藤さんのおっしゃる通りで、いろいろ勉強になりました。
ありがとうございます。

子宮癌の原因

子宮頸部扁平上皮癌はヒトパピローマウイルス (HPV) というウイルス感染が原因で引き起こされる。HPVには100以上もの種類があり、皮膚感染型と粘膜感染型の2種類に大別される。子宮頸癌は粘膜感染型HPVの中でも高リスク型HPVと呼ばれている性交渉によって感染する一部のHPVが長期間感染することによって引き起こされる。

HPVは性交渉により感染するウイルスであり、性交経験のある女性は、感染の可能性がある。HPVに感染しても多くの場合は、免疫力によってHPVが体内から排除される。HPV感染の大半は2年以内に自然消失するが、約10%の人では感染が長期化(持続感染化)する。HPVが持続感染化するとその一部で子宮頸部の細胞に異常(異形成)を生じ、さらに平均で10年以上の歳月の後、ごく一部(感染者の1%以下)が異形成から子宮頸癌に進行する。

投稿一覧

禁煙、節酒、食生活など がん予防に有効な5つの生活習慣
発がん性と関係あり?「ホルモン剤肉」に潜むリスク
抗がん剤で死亡、病院に賠償命令 宮崎地裁判決
甲状腺がんの子、疑い含め89人に〜福島県民健康調査
がん罹患者、年80万人超える 35年前の4倍に
子宮頸がんワクチン副反応、治療費助成へ 横浜市
ピロリ菌 無料検査 酒田市の胃がん検診
東京医科歯科大、難治性スキルス胃がんの原因となる遺伝子変異を解明
じわり上昇乳がん検診
名大、がん細胞の集団が周辺組織に浸潤する分子メカニズムを解明

癌闘病記募集!

当、闘病記では、克服した方々の生の声を集めています。 現在癌でお困りの方が、必ず役に立ちます。 再発防止に役立つ、癌にならない為の食事療法を差し上げます。 ※自動メールにてお送りしております。

ここから闘病記をお寄せ下さい。

癌闘病差し上げます!

この闘病記は、私の調べ上げた経験と克服者から頂きました貴重な闘病記の資料になります。貴方様のこれからの闘病生活にお役立て下さい。

闘病記のご観覧はこちらから
≪個人情報の取り扱いについて≫

癌を克服 私達の闘病記は、闘病記のご応募、闘病記のダウンロード時にメールアドレスのみを採取いたします。これは必要最低限の連絡方法として利用する目的であり、第三者への漏洩が行われぬよう最善の注意いたします。個人情報の取り扱いにご同意いただける方のみ、闘病記のご応募・闘病記のダウンロードをして下さい。

≪ご応募いただきました闘病記について≫

ご応募いただいたがん克服闘病記は、応募フォームにもお約束が記入されているように、特定の病院名や、個人名、商品名が特定できる健康食品名の表記を硬く禁じます。ご応募の段階でそれを示す内容がありました場合は、その箇所を削除し掲載することがございます。また、ご応募いただいた闘病記は、当ホームページでの利用以外に、メールマガジンとして配信する場合がございます。

≪当サイトの運営について≫

当サイトはご応募いただいたがん治療に関する情報(闘病記)の紹介、出版、 及びインターネット、メールマガジンで情報を発信することを目的としたサイトです。当サイトの運営費は書籍等の広告収入にてまかなっております。 是非、この機会にお買い求め下さい。

≪免責事項≫

お寄せ頂いた声は個人の感想です。

≪運営者≫

(サイト所有者) 佐藤佑二 さとうゆうじ   E-mail info@toubyouki.jp