腎臓癌の闘病記

闘病記 〜腎臓癌〜 case1

■お名前 
仮名  内藤

■現在の年齢
71歳

■闘病中の年齢
62歳

■癌の部位
腎臓癌

■初回or再発
初回

■告知されたときの症状や体調
症状は急にやってきました。今思うと、食欲不振が始まりだと思います。夏でしたので、夏バテかと思っていましたが、そのうち腹痛が起こり、しばらく過ぎると血尿になりました。真っ赤なものではなくて、少し薄い色した赤みのかかった色でした。

■手術の有無

■抗がん剤の有無

■病院治療内容
ラジオ波焼灼療法と言う新しい療法で治療を行いました。

■抗がん剤の副作用
転移していると言う事で、抗がん剤を行いました。

■代替え治療は行いましたか?(健康食品や漢方、食事療法等)
ラジオ波焼灼療法と免疫系健康食品、免疫系食材、免疫系水

■その他気をつけた事は有りますか?
食事

■主治医以外の医療機関に相談されましたか?
弟が内科で医師をしているので相談しました。

■あなた様の闘病記
まず、弟がいたので、助かったと思っております。私の考えでは、手術で切って抗がん剤漬けで体がボロボロになりながら治療を行うものだと思いましたが意外とそうでもなく、楽しく治療に専念できたと思っております。弟の勧めで、ラジオ波焼灼療法と言うその当時は新しい治療を行いました。代替医療の分野でしたので金額は張りましたがそれほど体に害もなく出来ました。そして、肺に転移していると言う事で、抗がん剤治療を行いましたが、弟の勧めで免疫系の健康食品も同時に服用するようになりました。勧められたのは、アガリスク、フコイダン、有機性ヨードです。また、日常に使う料理などにも癌に効くと言われる水を使用しました。このような方法で、抗がん剤を行いながら免疫を上げまして、少しずつ癌細胞が減りまして5年が過ぎ完治致しました。

■今、闘病中の方へのアドバイス等
医師である弟に聞いたところ、抗がん剤も人によっては効く効かないがあるようです。そして、医師たちは健康食品を基本的には認めないようです。医薬品ではないからと、西洋医学「現代医学」が基本だからだそうです。また、抗がん剤は、必ず他の細胞も死滅させるようでその結果、副作用などで亡くなる人もたくさんいるようです。そこで、私には、抗がん剤を行いながら、免疫系の健康食品や水などを進めたようです。貴方様も、負けずに頑張ってください。

■佐藤祐二から一言
内藤様 この度は、闘病記への投稿ありがとうございます。私も経験があります。医師は抗がん剤を必ず進めてきます。このような病院の体制、日本ですので致し方はありませんが、もっと患者の意見なども取り入れるべきだと私は思っております。それにしても、内藤様は弟様からのアドバイスが非常に良かったと思います。これからも、ご健康でお過ごしください。

闘病記 〜腎臓癌〜 case2

■お名前 
仮名  Y・O

■現在の年齢
81歳

■闘病中の年齢
74歳

■癌の部位
腎臓癌

■初回or再発
初回

■告知されたときの症状や体調
食欲がなく、横腹あたりにシコリがあると話していました。

■手術の有無

■抗がん剤の有無

■病院治療内容
手術ができなく、抗がん剤治療だけでした。

■抗がん剤の副作用
みるみる痩せていき骨が浮き彫りに出ているような感じです。これが副作用かは分かりませんが、食事もなかなか、食べれない状態でした。

■代替え治療は行いましたか?(健康食品や漢方、食事療法等)
漢方、有機性ヨード

■その他気をつけた事は有りますか?
なるべく祖父がやりたい事をさせ、いっぱい話しをするよう心掛けました。

■主治医以外の医療機関に相談されましたか?
近くの薬局の薬剤師

■あなた様の闘病記
私の祖父の事になりますので、変わって投稿致しました。気付いた時には、ステージ3~4に行くぐらいで手術も不可能、副作用の少ない抗がん剤から治療が始まりました。抗がん剤は投与後、数ヶ月でやせ細っていく祖父がとても辛そうでしたが、私達「孫」が病院に行くと、いつも笑顔で迎えてくれたのを覚えています。しかし、なかなか良くならなく、医師からは余命半年。後は延命治療しかないと言われまして、自宅に戻るようにりました。その頃から、少しでも延命できるように漢方を近くの薬局から調合して頂き、毎日服用するようになりました。余命半年と言われながらも、意識もしっかりしている祖父でしたが、漢方もなかなか良い成果が表れず、薬剤師から有機ヨードの事を教えて頂き、WEBを調べて購入しました。そんな時、この闘病記を見つけまして、もしかすると、助かるかもしれないとまで思いました。服用を開始して、3ヶ月後ぐらいから、祖父の顔色も良くなってきまして食欲も以前とまではいかないですが、回復を見せてきました。余命を宣告されて半年が過ぎましたが、祖父は余命どころか6年半も延命でき、大学生だった私も、社会人になりました。最終的に、癌細胞はなくらなかったようですが、13ミリあった腫瘍も6ミリ程度になっていたようです。本屋さんでもたまに置いてありますが、癌と共に生きる。そのような感じだったようです。そして、お散歩中に転倒してしまい、下半身不随になってしまい老人ホームへ行きましたが、回復が出来ず、眠るように息を引き取りました。余命半年から約6年の延命ですが、祖父も祖母と一緒に居れましたので本当に幸せだったと思います。

■今、闘病中の方へのアドバイス等
祖父の孫からのアドバイスです。祖父は、自宅に帰って来てから食欲が出てきました。お散歩したり、祖母と芝居を見に行ったりと楽しく闘病生活を送っていたと思います。お酒は元々飲みませんでしたが、タバコは吸っていましたね。家族とも話して、好きな事をさせようと皆で決めました。私達がダメといってもタバコは吸っていたと思いますが(笑)それでも、6年以上延命できた事は確かですし、祖父も幸せだったと思います。

■佐藤祐二から一言
お孫様 この度は、お爺様に変わり闘病記への投稿ありがとうございます。優しい、お孫さんですので、とても幸せに暮らしていた事が伝わってきます。日本ではあまり症例がないのですが、海外での症例で、好きな事をさせて延命できた人は数多くいるのです。ストレスを溜める闘病生活ではなくてストレスを溜めず好きな事をする。この事で、細胞も活性化し6年の延命が出来たのではないでしょうか。これからは、お爺様の分まで楽しい人生をお送りください。

闘病記 〜腎臓癌〜 case3

■お名前 
仮名  鮫島

■現在の年齢
62歳

■闘病中の年齢
54歳

■癌の部位
腎臓癌

■初回or再発
初回

■告知されたときの症状や体調
食欲不振がしばらく続きまして、お腹にしこりが感じられるようになりましたので病院で検査をしましたら、腎臓癌と言われました。

■手術の有無

■抗がん剤の有無

■病院治療内容
手術と抗がん剤治療を行いました。抗がん剤は3種類行い、とても大変でした。

■抗がん剤の副作用
一番は手足のしびれがありました。

■代替え治療は行いましたか?(健康食品や漢方、食事療法等)
健康食品ぐらいです。

■その他気をつけた事は有りますか?
特に無し

■主治医以外の医療機関に相談されましたか?
しておりません。

■あなた様の闘病記
今思う事は、これからは抗がん剤は行いたくありません。腎臓左側を全摘出しました。そして、抗がん剤治療を行いまして最初の2種類は全く効果がなく、新しい抗がん剤を行いました。恐らく、その抗がん剤が非常に強く、副作用がひどかったです。食欲も余計に無くなり、手足のしびれがあり、日常生活にも支障が出るほどでした。高額な健康食品も飲んでいましたが効いているようで効いていない感じです。未だに、検査をする度、心臓が飛び出そうなくらいドキドキしますが、現在はマーカーも低くほぼ完治しているようです。

■今、闘病中の方へのアドバイス等
後から知った事ですが私も、インターネットでもっと知識を取り入れるべきだったと痛感しています。全て医師に任せっきりは良くないと思います。ですので、この闘病記を見た方も是非、知識を付けてください。そうすれば、様々な治療法などありますし質問もしやすくなると思います。頑張ってください。

■佐藤祐二から一言
鮫島様 この度は、闘病記への投稿ありがとうございます。私も以前はそうでした。何も知らないまま、医者の言うままに全ての治療を行っていました。知識を取り入れてからは、医者にも質問できるようになり、度々、質問が多いせいか困らせる時もあったほどです。やはり、生死を分ける病気ですので患者として、医者に質問をし、どのような治療でどのような副作用があるのか聞くべきですね。

腎臓癌の闘病記 きっと貴方のお役に立てます。諦めないで下さい。

2003年5月5日私は最愛の妻と役所へ婚姻届を出しに行き晴れて夫婦となる事が出来ました。
新婚生活も3年目に入り、2006年5月頃から食欲不振気味で真夏の8月頃には胃が痛くなってきたのです。
元々食欲旺盛の私でしたので、夏バテから食欲不振かと思い病院で診察、レントゲンなどを行い、胃癌と宣告されました。
主治医や看護師の方は今後の入院手続きなど私に環離れていましたがまったく耳に入らず私の脳裏には両親、友達そして妻の顔が浮かんでいました。
病院からの帰り道、妻からの電話、私は電話を取ることが出来ませんでした。
自宅に着くなり、お風呂場へ直行・・・・シャワーを浴びながら私は泣いていました。
その日の夕食時に、私は妻へ胃癌と言われたことを報告・・・・
妻の眼には溢れそうな涙が溜まっていたのを思い出します。
その後、手術が出来ない事を知り、入退院を繰り返しながら、抗がん剤治療を行いました。
抗がん剤も「TS1、タキソール」などの投薬をしましたが、あまり改善されず若かった私の体力も徐々に減り髪の毛もほとんど無い様な状態でした。
そんなとき、妻が「祐ちゃんを私が助けてみせる!」
この妻が言った言葉は今でもそしてこれからも忘れません。
私達は、癌に関する事を色と調べ上げました。
疑わしいものもありましたが、まずは信じてみる。そして試してみる。
個人クリニックのオゾン療法も行いました。
しかし何度も受けれるような金額ではなく、途中で断念。
その後、漢方やアガリスク、フコイダンなどを試しも劇的効果がないままでしたが妻が購入してきた、有機性ヨードと言うものを服用すると、体内から湧き出るようなエネルギーを感じることが出来ました。
ほかの漢方等では体感できなかった感覚です。
この時点でも抗がん剤を行っていましたが、有機性ヨードで治療を決断抗がん剤も中止していましたので、みるみる体力が回復してきました。
自宅治療を始めてから半年後、癌細胞の縮小が確認。
その3ヶ月後楽しみにしていた検査結果は癌細胞が消えていました。
こんなに喜んだ事は、2年ぶりのように思えます。

晴れて私、佐藤祐二は癌克服する事が出来たのです!

ですので、諦めないでください! 必ず道はあるはずです!

腎臓癌闘病中の方々からご連絡頂きました。

病名腎臓癌住所福島県

本当に感謝しております。

病名腎臓癌住所大分県

これからが楽しみです。

病名腎臓癌住所富山県

ある程度良くなってきています。

腎臓癌の原因

腎臓がんの原因としては特殊な腎臓がんを除いては、他のがんと同様に根本的にまだ解明されていないのが現状です。そのため、大変残念ながら腎臓がんの発生を予防することも、今のところは不可能とされています。

しかし、腎臓がんの発見後の治療の事などを考えると、早期発見に努め腎臓がんが発見された時に早期治療が行えるように日々日頃から自身の健康状態に気をつけておきましょう。

投稿一覧

禁煙、節酒、食生活など がん予防に有効な5つの生活習慣
発がん性と関係あり?「ホルモン剤肉」に潜むリスク
抗がん剤で死亡、病院に賠償命令 宮崎地裁判決
甲状腺がんの子、疑い含め89人に〜福島県民健康調査
がん罹患者、年80万人超える 35年前の4倍に
子宮頸がんワクチン副反応、治療費助成へ 横浜市
ピロリ菌 無料検査 酒田市の胃がん検診
東京医科歯科大、難治性スキルス胃がんの原因となる遺伝子変異を解明
じわり上昇乳がん検診
名大、がん細胞の集団が周辺組織に浸潤する分子メカニズムを解明

癌闘病記募集!

当、闘病記では、克服した方々の生の声を集めています。 現在癌でお困りの方が、必ず役に立ちます。 再発防止に役立つ、癌にならない為の食事療法を差し上げます。 ※自動メールにてお送りしております。

ここから闘病記をお寄せ下さい。

癌闘病差し上げます!

この闘病記は、私の調べ上げた経験と克服者から頂きました貴重な闘病記の資料になります。貴方様のこれからの闘病生活にお役立て下さい。

闘病記のご観覧はこちらから
≪個人情報の取り扱いについて≫

癌を克服 私達の闘病記は、闘病記のご応募、闘病記のダウンロード時にメールアドレスのみを採取いたします。これは必要最低限の連絡方法として利用する目的であり、第三者への漏洩が行われぬよう最善の注意いたします。個人情報の取り扱いにご同意いただける方のみ、闘病記のご応募・闘病記のダウンロードをして下さい。

≪ご応募いただきました闘病記について≫

ご応募いただいたがん克服闘病記は、応募フォームにもお約束が記入されているように、特定の病院名や、個人名、商品名が特定できる健康食品名の表記を硬く禁じます。ご応募の段階でそれを示す内容がありました場合は、その箇所を削除し掲載することがございます。また、ご応募いただいた闘病記は、当ホームページでの利用以外に、メールマガジンとして配信する場合がございます。

≪当サイトの運営について≫

当サイトはご応募いただいたがん治療に関する情報(闘病記)の紹介、出版、 及びインターネット、メールマガジンで情報を発信することを目的としたサイトです。当サイトの運営費は書籍等の広告収入にてまかなっております。 是非、この機会にお買い求め下さい。

≪免責事項≫

お寄せ頂いた声は個人の感想です。

≪運営者≫

(サイト所有者) 佐藤佑二 さとうゆうじ   E-mail info@toubyouki.jp