子宮頸がんワクチン副反応、治療費助成へ 横浜市

子宮頸(けい)がんワクチンの接種後に継続的な痛みなどを訴える人に、国が因果関係を認めていない段階でも、独自に医療費などを給付する支援策を横浜市が検討していることがわかった。今月末から始める方向で調整している。市によると、自治体では全国初とみられるという。

ワクチン接種後に痛みなどを訴える人が相次ぎ、国は接種の推奨を中止したが、接種と症状の因果関係は明確にしていない。だが、市は重い症状に苦しむ実態を重視し、独自の支援策を考えたという。

給付の対象は①市が実施したワクチンを接種した②副反応について市に相談し、国に報告された③診断名が明確でない、または原因が明らかでない症状がある、という全条件に合う人。

 

日本最大級の!「私達の闘病記」

http://toubyouki.jp/

癌を克服した先輩方の生の声!

≪個人情報の取り扱いについて≫

癌を克服 私達の闘病記は、闘病記のご応募、闘病記のダウンロード時にメールアドレスのみを採取いたします。これは必要最低限の連絡方法として利用する目的であり、第三者への漏洩が行われぬよう最善の注意いたします。個人情報の取り扱いにご同意いただける方のみ、闘病記のご応募・闘病記のダウンロードをして下さい。

≪ご応募いただきました闘病記について≫

ご応募いただいたがん克服闘病記は、応募フォームにもお約束が記入されているように、特定の病院名や、個人名、商品名が特定できる健康食品名の表記を硬く禁じます。ご応募の段階でそれを示す内容がありました場合は、その箇所を削除し掲載することがございます。また、ご応募いただいた闘病記は、当ホームページでの利用以外に、メールマガジンとして配信する場合がございます。

≪当サイトの運営について≫

当サイトはご応募いただいたがん治療に関する情報(闘病記)の紹介、出版、 及びインターネット、メールマガジンで情報を発信することを目的としたサイトです。当サイトの運営費は書籍等の広告収入にてまかなっております。 是非、この機会にお買い求め下さい。

≪免責事項≫

お寄せ頂いた声は個人の感想です。

≪運営者≫

(サイト所有者) 佐藤佑二 さとうゆうじ   E-mail info@toubyouki.jp