じわり上昇乳がん検診

秦野市が行っているがん検診。中でも女性が罹患するがんの中で最も多いと言われる「乳がん」の早期発見を目的とした「乳がん検診」は、2012年度の受診率が19・9%。市ではさらなる受診率の向上を目指している。

秦野市の乳がん検診は、2006年度の受診率はわずか2・11%にとどまり、県内すべての自治体の中でも最も低かった。その後年を経る毎に徐々に受診率は上昇を見せ、2012年度には19・9%となった。担当する市こども健康部健康づくり課では「2013年度はまだ集計が済んでいないが、手ごたえは感じている」と話す。

啓発の手段としては市民の日やたばこ祭などでブースを設けリーフレットを配るほか、幼稚園や保育園で保護者への案内配布などに取り組んできたという。「近年は市内の医療機関でマンモグラフィの導入が促進された。医療機関の協力体制の充実も受診率向上に寄与したのでは。国の指針は受診率50%となっているので今後も受診率向上に努めていきたい」と推測する。

秦野市では2013年度までは、乳がん検診の対象は30歳以上で40歳以上になると視触診に加えマンモグラフィの併用を採っていたが、2014年度からは、対象が40歳以上の視触診・マンモグラフィ併用に一本化された。

乳がん検診に限らず秦野市のがん検診は、登録制となっていて、今年度中の受診の申し込みはすでに終了している。2015年度の検診の申し込みは6月ごろから始まる予定。一度登録すると、3年間は対象のがん検診の案内が市から送付される。

 

日本最大級の!「私達の闘病記

http://toubyouki.jp/

癌を克服した先輩方の生の声!

≪個人情報の取り扱いについて≫

癌を克服 私達の闘病記は、闘病記のご応募、闘病記のダウンロード時にメールアドレスのみを採取いたします。これは必要最低限の連絡方法として利用する目的であり、第三者への漏洩が行われぬよう最善の注意いたします。個人情報の取り扱いにご同意いただける方のみ、闘病記のご応募・闘病記のダウンロードをして下さい。

≪ご応募いただきました闘病記について≫

ご応募いただいたがん克服闘病記は、応募フォームにもお約束が記入されているように、特定の病院名や、個人名、商品名が特定できる健康食品名の表記を硬く禁じます。ご応募の段階でそれを示す内容がありました場合は、その箇所を削除し掲載することがございます。また、ご応募いただいた闘病記は、当ホームページでの利用以外に、メールマガジンとして配信する場合がございます。

≪当サイトの運営について≫

当サイトはご応募いただいたがん治療に関する情報(闘病記)の紹介、出版、 及びインターネット、メールマガジンで情報を発信することを目的としたサイトです。当サイトの運営費は書籍等の広告収入にてまかなっております。 是非、この機会にお買い求め下さい。

≪免責事項≫

お寄せ頂いた声は個人の感想です。

≪運営者≫

(サイト所有者) 佐藤佑二 さとうゆうじ   E-mail info@toubyouki.jp