がん罹患者、年80万人超える 35年前の4倍に

1年間に新たにがんにかかった人は、2010年の推計値で80万人を超えたことが、国立がん研究センターがん対策情報センターの最新統計で明らかになった。記録が残る35年前の約4倍で、80万人を超えたのは初めて。高齢化の影響が大きいとみられる。生涯でがんにかかる確率は男性60%、女性45%と試算している。

全国の地域がん登録事業を実施している自治体のデータをもとに推計した。その結果、10年にがんにかかった人は男性が46万8048人、女性が33万7188人の計80万5236人。1975年の計20万6702人の約4倍だった。

部位別でかかった人が多いがんは、男性が①胃がん②肺がん③大腸がん、女性は①乳がん②大腸がん③胃がんで、ここ最近は順位に変化はない。

一方、がんによる死者は2012年の人口動態統計によると、男性21万5110人、女性14万5853人の計36万963人。がんで死亡する確率は男性26%、女性16%になる。死亡数が多いがんは、男性が①肺がん②胃がん③大腸がん、女性は①大腸がん②肺がん③胃がん、の順だった。(桜井林太郎)

1年間にがんにかかった患者数の推移

 

日本最大級の!「私達の闘病記」

http://toubyouki.jp/

癌を克服した先輩方の生の声!

 

≪個人情報の取り扱いについて≫

癌を克服 私達の闘病記は、闘病記のご応募、闘病記のダウンロード時にメールアドレスのみを採取いたします。これは必要最低限の連絡方法として利用する目的であり、第三者への漏洩が行われぬよう最善の注意いたします。個人情報の取り扱いにご同意いただける方のみ、闘病記のご応募・闘病記のダウンロードをして下さい。

≪ご応募いただきました闘病記について≫

ご応募いただいたがん克服闘病記は、応募フォームにもお約束が記入されているように、特定の病院名や、個人名、商品名が特定できる健康食品名の表記を硬く禁じます。ご応募の段階でそれを示す内容がありました場合は、その箇所を削除し掲載することがございます。また、ご応募いただいた闘病記は、当ホームページでの利用以外に、メールマガジンとして配信する場合がございます。

≪当サイトの運営について≫

当サイトはご応募いただいたがん治療に関する情報(闘病記)の紹介、出版、 及びインターネット、メールマガジンで情報を発信することを目的としたサイトです。当サイトの運営費は書籍等の広告収入にてまかなっております。 是非、この機会にお買い求め下さい。

≪免責事項≫

お寄せ頂いた声は個人の感想です。

≪運営者≫

(サイト所有者) 佐藤佑二 さとうゆうじ   E-mail info@toubyouki.jp